2016.3.26 京都サンガ戦


 

京都サンガ戦

 

前節の清水戦、個人の能力が高い相手に粘り強くチームで戦えた事が、チームに自信を与え、全員が同じベクトルの中で試合に入れていると思える内容でした。

 

 3バックと3ボランチが中をしっかりかためてからボールフォルダーへ出ていく事で、自陣に強固なブロックを作っていました。

 

今のコンサドーレは攻撃でリズムを作るというより、守備でのボールの奪い方で、チームとしても個人としてもリズムを作り出しているように見えます。

 

そして何より、この戦術を効果的にしているのはトクとジュリーニョの2トップだと思います。

 

この日も2得点したトクは体の強さ、縦への推進力、空中戦での貢献、そして決定力。常に相手への脅威になっていました。ファイナルサードでトクがボールに絡むと、ゴールへの期待が強くなりました。

 

自信と結果がプレーに余裕と積極性を与えているのでしょう。素晴らしい活躍でした。

 

 

ジュリーニョもまた得点、アシストはなかったものの、トクとは対照的に柔らかいドリブルと意外性のあるパス、トラップで相手のプレッシャーを剥がしていき、周りの選手たちが余裕を持てる状況を作り出していました。

 

そしてトクと同様に、時には縦への推進力で相手の脅威になり、チームに勢いを与える存在になっています。

 

この二人が好調なので、守備に人数を割いても、決定的なシーンを何回も作り出す事ができます。

ワイドの選手とボランチの選手含め、運動量はかなり必要となるでしょうが、多くの選手たちが攻撃的なポジションで前を向いた状態でボールに絡む事ができます。


 観戦していて、強い時のイタリア代表のように見えました。

しっかり守備をしてビエリがゴリゴリっと運んで得点してしまう。

コンサドーレで言えばトクになりますね。言い過ぎでしょうか?笑

 

 3得点したのですから、もちろん称えていいのですが、あえて長いシーズンを考えれば、無失点で終わらせたかったですね。

一人一人のちょっとした集中力の無さが、何人かいただけで、大きな穴となって守備は破綻します。

 

竜二や増川に頼るばかりではなく、その周りの選手たちも高い集中力と常に声を出す事で、失点機会を与えないようにして欲しいです。

 

攻撃で言えば、途中から入ったウッチーとヘイスもトクとジュリーニョと遜色ない素晴らしい動きでした。

だからこそ、得点という結果を見せてほし欲しかったです。

 

この4人の競争はJ2ではトップでしょう。4人全員が10得点以上取れるような活躍が見たいですね。

そうなれば自動昇格という目標は必ず叶うはずです。

 

これは願いではなく、それだけの能力がある選手達なので実現を期待します!

※写真は本日のスクールから!


2016.3.13 愛媛FC戦


北海道コンサドーレ札幌ホーム開幕戦

2万人を超える方々に見守って頂きながら、引退のスピーチをさせて頂きました。

このような機会を作って頂いた北海道コンサドーレ札幌のフロントスタッフの方々と13年間背中押して頂いたサポーター、スポンサーの方々には感謝の気持ちを伝えようと思いました。

 

上手く伝える事ができたかはわかりませんが、自分なりの言葉で気持ちを込めたつもりです。


そして愛媛FCとの試合ですが、結果は残念なドローとなりました。


前半は決定的なシーンを作られてしまった場面もありましたが、ある程度良い流れを作れていたと思います。
得点シーンは、トクがボールを持った瞬間、愛媛のDFはトクの左足を警戒し、インサイドから二人、ゴール方向から一人と、三人のDFを引きつけました。これは前節ハットトリックしたことや、これまで得点を重ね続けて相手に怖がられている証拠でしょう。


最初はシュートを打ちに行きたそうなコントロールでしたが、左足を警戒されていたので、縦への突破に切り替えました。ここでのスピードと力強さはトクの特徴の一つでもあります。

 

一番良かったのはシュートを打てる状況で、ジュリーニョを間接視野で捉えて、中を見ずにスペースへ流し込んだ事です。もしルックアップしてしまっていたらDFの足に当たってしまったり、ジュリーニョのマークがもっと厳しくついたり、もしくはスペースを埋めるような守備をしていたかもしれません。


得点を生むためには、こうしたコンマ何秒の判断とリスクを恐れない勇気とイメージ共有が必要になります。

いろいろな要素が詰まった素晴らしいゴールだったと思います。

 

逆に後半は攻撃も守備もチームとしての意識の共有があまり見られませんでした。

少しづつパスがズレる事で、テンポがでず、どこで崩すのか、スピードを上げるのかが伝わってきませんでした。


守備に関しても、5バックにしてからのサイドへの押し出す事がまだできておらず、ただスペースを埋めている守備でした。中にいる三人のCBがサイドの選手に対してもっとボールにプレッシャーをかけさせないと、ズルズルと押し込まれる時間が長くなるでしょう。


また、後半は守備と攻撃が分断してしまい、守備から攻撃へと移る際の一体感、連動、スムーズさが乏しい内容になってしまいました。

 

失点のシーンでは、前向きに守備をしている慎也が主導権を取ってプレーを行なうべきでした。

簡単にあの状況を作ってしまった福森にも問題はありましたが、そのカバーをしてほしかったですね。

あまりにも簡単に失点を与えてしまい、とてももったいない結果をまねいてしまいました。

 

自動昇格を狙うチームならば、このような失点は最後にしてほしいと思います。

次節は清水です。

 

力のあるチームですし、個人のクオリティの高いチームです。

自分たちのサッカーに自信を持って勝利を届けてほしいと思います


2016.3.6 4ヶ月ぶりの長良川メモリアル!FC岐阜VS北海道コンサドーレ札幌


4ヶ月ぶりの長良川メモリアル!

FC岐阜VS北海道コンサドーレ札幌
スカパーの解説で岐阜に呼んで頂きました。


前節、お互い思い通りのゲームにならずに、どれだけ精神的にも戦術的にも技術的にもリカバーできているか。

もう一度パワーを持ってゲームに入れるか。

チームが同じ方向性を向けるか。
そんな所を観ながらゲームに入りました。
結果は札幌の方ができていましたね。


さて、イナと伸二がいない事はこれからのシーズンも起こりうる事です。

その中で代わりに入った選手がとても良い動きを見せてくれました
ヒロキがトップ下で入り、カズとカズキがボランチに入りました。
この3人は、みんなボールをしっかり保持できて、相手の逆を取れて、

ボールに対してアプローチが出来ています。


中央のこの3人がローテーションで出たり入ったりする事により、岐阜に的を絞らせず、逆を取りながら、ブロックの中に進入し、サイド、CBの前と裏に配球する事で攻撃のテンポを作り出し、決定的なシーンの前の準備を作り出していました。


トクにしてもジュリーニョにしても明らかに前節よりも気持ちよくプレーできたのは、この事が大きかったのではないでしょうか。


ハットトリックしたトクのゴール感覚、シュート技術、フィジカルの強さは素晴らしいの一言です。


それを引き出していたのは、前後左右に動きプレービジョンをチームに与えたインサイドハーフにいる、この3人だったのではないかと思います。

一方岐阜は、前節にしても、昨年にしても、課題であるディフェンスの仕方に問題を抱えています。
基本とするマンツーマンディフェンスが決して悪い事ではないと思います。

サッカーの基本は1対1の連続ですから。


人につく、ボールにアタックする事と、バランスを観る、相手の状況を観る、これを観ながら1人1人が隣同志、あるいは前後の選手のカバーの意識を持つ。

1人を見続けるのではなく1.5人を観る必要があるのではないでしょうか。


ずっとマンツーマンでは、ボールを奪った瞬間、選手の立ち位置がバラバラで、いい攻撃へと移る事が難しくなります。 今回の岐阜がミスパスが多かったのは、技術的な問題もあるとして、ここの選手の立ち位置という事も問題であったと思います。まだまだ、たくさん試合はあります。ここからの立ち直りに期待します。

コンサドーレにしても、後半、いい内容であったとは言い切れません。

4点入れば、ペースダウンする事はわからなくもありません。


しかし、自動昇格を目指すのであれば、ここの甘さを取らないといけないでしょう。


全部がテンポを上げる必要はありませんが、ミスを減らし、相手を走らせ、ポゼッションとゴールを両方目指す、貪欲に、冷静に、そんな姿も後半見たかったですね。


しかし、シーズン初勝利。その事も讃えたいと思います。


岐阜まで来てくれたたくさんのサポーターに対して、勝利、ゴールと言う結果を見せて笑顔を届けてくれた事がとても嬉しいです。

最後に…トクのゴールをアシストした進藤のパスは記憶に残るものとなりました(笑)


トクもマスコミにスーパーなアシストと言ってましたね、メモリアルに集まった全ての人を騙したね(笑)


2016.2.28 東京V戦の分析


「開幕戦」

長いシーズンの中で、出来ればどんなサッカーを目指すかを示したい試合でしたが、そうはならない試合でした。

 

ただ、この試合が全てではないので悲観する必要はありません。今日の試合を一言で表すなら「フィジカルサッカー」でしょうか。

 

ピッチの芝とボールフィーリングに手を焼いている選手が多かったのもあると思いますが、ほぼビルドアップと呼べるものはなく、 前線へのロングボールを用いて何とか活路を見いだしていました。

 

目指すサッカーができないのであれば、現実的に割り切る試合があってもそれは悪くないです。

そこで自分たちのサッカーを貫くか、あるいは臨機応変に切り替えるのか、それはチームや監督のやり方です。 割り切るゲームをするのであれば、0-0で終らせるか。

身長差を考えてもセットプレーなど力技でもいいので得点したかったところです。


そんな難しいゲームの中で、ゲームビジョンを示そうと伸二がボールを引き出したり、ポジションを落としてテンポを出したりしてましたが、あれだけ自分の上を行ったり来たりしては、さすがにフラストレーションが溜まったのではないでしょうか。


 3-4-1-2というシステムは変則的なシステムです。

選手の立ち位置をスタートポジションから相手とミスマッチを起こすことができますが、 今日の試合ではそれがうまく活かせてはいなかったと思います。チームのストロングポイントである「1」の部分、伸二をどう活かすのか、もっと、どうボールに触らせるかをチームで意識しても良いのかもしれません。


そして、割り切るゲームにしたのであれば、ターゲットになるトクも体を預けてキープしようとするだけではなく、空中で相手に体をぶつけて、自分の周りにボールをこぼし、そこに味方がサポートする形をもっと作ればシュートチャンスは増えた思います。

 

一番気になったのは、四方田監督の良い守備をしてから、良い攻撃に繋げようとハーフタイムのコメントがピッチで伝わって来ませんした。どんな守備を狙っていて、何が良い守備なのか。チームとして、それがピッチからは見えてきませんした。

 

キャンプでも守備のトレーニングを時間を割いてしていたと思いますが、まだまだ整理しなければいけないでしょう。まだまだ最初の1試合が終わっただけなので、これから挽回してほしいものです。

しかもコンサドーレはまだキャンプ中なので、選手同士でも、スタッフともコミュニケーションを取ることができます。

 来週の試合に向けて良い準備に期待します。