SUNAKAWA88プロジェクト始動します

皆さまへ 

 砂川誠は来年で選手生活20年目を迎えます。そこで、ゼロからサッカーを見つめるとともに、北海道のサッカー文化に寄与する活動を昨年同様に行います。

 そして、選手生活20周年目の背番号8をイメージし、背番号を2つ重ね、Sunakawa88プロジェクトと名付けいろいろな活動を行います。今日はその中から2つをご紹介します。

 

1 「20周年に向け気持ちを整えはじめます」

シーズン終えて間もない中、来シーズンに向け、決意も新たに気持ちを整え始めます。
J1昇格に向け、想いも新たに。そして、怪我等をしないよう日本の古き良き文化を参考に、来る平成26年12月13日(土曜日)、札幌市の双子山地蔵寺さんにて写経を行います。ただ今、一般の方の参加募集中です。 詳しくは⇒こちらへ

また、皆さんで書いた写経を次の旅で砂川誠が奉納してまいります。

 

2 「88プロジェクト祈願の旅」
必勝祈願の想い88にちなんで四国八十八カ所、お遍路を砂川誠が訪問し、持参した写経を奉納します。ご期待ください。※今回八十八か所すべてはまわりません。

  
この88プロジェクトは、今回掲載した2つに留まらず今後更にいろいろな企画が登場します。ご期待ください