プロとしての気概とプライドを持って 2014シーズンを語る(後編)

プロとしての気概とプライドを持って 2014シーズンを語る

(後編)をアップしました。  (文中から) しかし、時間は止まってはくれませんし、新しい監督にアピールしなければいけません。また、新しい監督のもと、新しい戦術、新しいトレーニングは選手としてとても刺激になります。まだまだ選手として新しい引き出しを増やすチャンスでもありました。

続きは⇒こちらから