プロとしての気概とプライドを持って 2014シーズンを語る(前編)

熱の冷めないうちに今シーズンを振り返ります。

(本文から)自分が必死にポジションを掴み、若い選手に簡単にチャンスを渡さない事。試合に出れる事が当たり前じゃない事。そういう気概でこれまでやって来たし、まだまだ負けているつもりもない。そのプライドを見せる事だと思っていました。 続きは⇒こちらから